2006年03月23日

六義園 夜桜見学のススメ

今年も六義園のライトアップがはじまりました。
画像 152.jpg画像 149.jpg
今週末には満開になるようです。
六義園にはたくさんの桜があるわけではなく、この枝垂れ桜がみごとに咲きます。
染井吉野に比べて少し早く咲くようです。
期間:3月29日(水)まで
時間:20:30までの入場で21:00まで
是非、この機会にどうぞ。

Luftigの桜
画像 155.jpg
実はこの桜は、六義園の桜です。
2月に散策をしに行った時に、風で折れていたのを管理人の人に貰いました。
その人が言うには、うまく水を吸い上げるように切って育てれば咲くかもしれないと。
ただ、かなり難しいので咲かせたら表彰状もんだと言ってました。

そして「咲いた!」

今年は幸先がいいようです。
花の力強さに、おいて行かれぬようにせねば!
posted by ルフ店主 at 20:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 六義園観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

六義園観察 2006年2月19日 曇り

今回も開店前の1時間を散策することにしました。
参加者は5名。
先日、春のように暖かい日がありました。
その陽気につられ第二回の六義園散策を企画しました。
しかし当日は、また冬に逆戻りでとても寒い日でした。
三寒四温で春は確実にやってくる。
そろそろ上着に飽きてきました。

さて、今回の散策は、入園してしばらく前回との変化にさほど気づきませんでした。
でも、だんだんと目がこえてきて細かいことに近づいていくと、いろいろなものが見えてきました。
庭園の人に尋ねてみるのもいいようです。
ただ、目的は素朴でも自分の中での大きな発見です。

散策の成果は
Luftig 470.jpg
全体はまだ冬景色

Luftig 464.jpg
梅の花が一つ二つと咲きはじめました。

Luftig 472.jpg
木の根が土から出たり入ったりしている場所で、良く見ると"DIY"と読めませんか?
「自分でやれ!」って言われました。※木を置いたのではない。

この他にも自分なりの発見はたくさんありました。
みなさんも、たまにほんの少しでも早く起きて、いつもの道などで風景を眺めて見ることをオススメします。

posted by ルフ店主 at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 六義園観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

六義園観察 2006年1月28日 晴れ

ルフティックの近所に、六義園と言う有名な日本庭園がある。
今後不定期に、お店を開ける前に一時間、季節を感じる散策をしていきたいと思う。

Luftig 426.jpg

東京にもこんなに美しい庭園が残されている。

とにかく朝1時間早く起きるのは、とても辛いことである。
朝9時開門と同時に、その日なんとなく来られた人で集まり、最終的に6人になった。
集まることが目的でなく、あくまで散策が目的なので当日一人でもいいぐらいだった。
でも、人が集まればより楽しいことである。
園内の様子は、先日降った雪が中途半端に残っていて、決して美しいと言う光景ではなかった。
しかし散策を進めるにつれ、それぞれ少しずつ気に入ったところを見つけ、とても一時間では満足のいくものではなかった。
それもまた、いいところかもしれない。
その後、みんなそれぞれの予定に向かって行く。
夜、人と合うことが多いので、これもまた新鮮。
植物の様子は、遠めには枯れ木のようだが、近づくと着実につぼみを付けている。
自然は、怠けたり後まわしにすることはしない。
したたかさを感じた。

Luftig 437.jpg

先日降った雪がまだところどころに残っている。

Luftig 438.jpg

静電気で髪の毛が逆立ったように生えている樹を発見。

次回、参加を希望する方はメールください。
招待メールが届くかもしれません。





posted by ルフ店主 at 21:15| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 六義園観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。