2006年12月06日

marsh+mallow sound performance

LuftigでLiveがあります。
bloom-hp.jpg
ライブと言っても実際に楽器をその場で演奏するのではなく、主にコンピュータを使用してライブパフォーマンスを行います。
エレクトロニカと呼ばれる音楽の中でも、彼らの音楽は、生楽器による演奏とコンピュータで作るサウンドを融合させて作曲される。
ライブでは、ベースになる楽曲と、その場で音を加えたり変えたりと言った即興演奏が特徴。
また、複数のスピーカーを使用することにより体で感じる臨場感が楽しめます。
これは、音楽が空間の構成するインスタレーションとしての表現とも言えます。

ここまでの説明からは、なにやら難解そうな感じを受けますが、彼らの音楽はあらゆる実験性がある反面、聞こえてくる音は穏やかで親しみの感じるものです。
彼ら自身も、あらゆる人に届くポップな表現を追求しているようです。

■Artist : marsh + mallow (マシュマロ)

■Date : 2006年12月16日(土)19:00〜21:00

■Place : Cafe Luftig

■entrance : Free (通常メニューからの注文が必要となります。)

■Concept : Luftig の空間を構成する一部としてのLive

今回は、彼らが発表した「bloom」(CD+ mini photobook)の発売記念ライブです。
当日、CDの販売も予定しております。

■profile: marsh + mallow (マシュマロ)
mm_livepic.jpg
エレクトロニカポップユニット。
中野一誠とmabにより結成、2005年より活動開始。
mabの作る緻密なサウンドに中野が独特の揺らぎ、音の流れを作り出す。
映像作品/インスタレーションなど、メディアとのコラボレーションにも積極的に参加。
各種媒体へサウンドデザイン制作もおこなっている。東京を拠点に活動中。
http://www.marsh-mallow.net/

みなさまお気軽にお越しください。


posted by ルフ店主 at 20:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。