2006年02月04日

ブラックモンブラン

なぜか多くの九州の人に支持されているルフティック。

九州の女性が声をそろえて、おいしいと言うブラックモンブランを検証してみました。

Luftig 444.jpg

まず、都内でこれを見つけるのは至難のワザです。
僕より早くこれを見つけようとした人が何人もいましたが、およびませんでした。
あしからず。

やっとの思いで見つけた。
パッケージデザインは必要以上にキラキラしていて、メーカーの意気込みが空回りしている印象を受けた。
当たりがでたら1000円おこづかいプレゼントと言うのも、かなりストレート。
まさにインディペンデント・アイス。

さて味の方は?

Luftig 442.jpg

一口、特に衝撃的な味も感じられない。
とにかく最後まで食べてみた。
思った以上にすすむ。
アイスを口から離さず食べ終わってしまった。
既成のアイスには珍しくクドさがない。
最後まで食べ飽きない、ほどよい甘さ。

やっぱりブラックモンブランはおいしかった。

これは九州の乙女がはじめて口にするSweetsなのでは?

でも、ルフティックのケーキが、九州の女性に評判がいいのとは何の関連性もないようです。











posted by ルフ店主 at 19:05| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいやいや。
まさか駒込で「ブラックモンブラン」に
出会うとは思わなかったよ。
パッケージを見ただけで、子供の頃の風景を
ブワワ〜っと思い出してしまいました。
そして、初めて九州のアイスだったって事を
知ったわけですが。

すっかり、コメント遅くなっちゃったけど
どうもありがとう!!

ブラックモンブラン、ばんざーい♪
Posted by tonton at 2006年02月21日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。